美味しくて贅沢なスイーツには欠かせない果物といえばブルーベリーではないでしょうか。目にもいいと言われていますし、味も甘酸っぱくてとても美味しいですよね。このブルーベリーをベランダで栽培出来たら最高です。でも、育てるのは難しそうですよね。ところがこれが意外と簡単なようです。チューリップを育てたことのある人くらいなら簡単に出来るようですよ。その育て方を簡単に紹介したいと思います。まず、品種選びは今、住んでいる場所の気候にあった品種を選ぶのが良いらしく、園芸店などの店員さんに聞いてみることが一番です。植える時期は8月の真夏以外なら大丈夫。土作りは、酸性の土壌を使い、肥料はあまり多くしないようにします。水やりは乾いてしまう前に水をやるのがよく、熱い夏場には、朝夕と毎日水をやる必要があります。そして、専用の肥料を適度に与えていれば、一年後には自分の背丈ほどに成長します。基本はブルーベリーの自生している土地に近い状態作りを手伝ってあげることが大事です。

目の疲れに即効性のあるブルーベリー

目にいい食べ物としてブルーベリーがよくあげられますよね。私もパソコンを見過ぎて目が疲れた時は、近くのスーパーに買っていて食べたりしますが、どういう風に目にいいのかということはよく知りません。そこで、詳しくその効用について調べてみました。目を酷使すると、ロドプシンという網膜内部にある色素が活性しにくくなり、これによって目の痛み、ちらつき、視力の衰えなどが起こります。このロドプシンを活性化させるためにブルーベリーに多く含まれているアントシアニン色素が効果的な成分なのだそうです。ブルーベリーのアントシアニンは摂取すると2~4時間くらいで目の疲労感や痛み、ちらつきや暗闇での視覚改善などの効果を発揮するそうです。ただし、1日で消滅してしまいます。こう見てみると、確かに目の働きをすぐに助けてくれる、現代人にとってはまさになくてはならない必須な果物なのですね。日頃、目の疲れを感じる方は是非、試してみてください。

朝食にブルーベリーを食べています

最近、目が疲れやすくなっていることに気づきました。そんな話を友人に相談すると、ブルーベリーを食べてみたらどうかとアドバイスしてくれました。友人はサプリメントで摂っているそうなのですが、疲れ目が気にならなくなったと教えてくれたんです。そこで、私も毎日の食事の中でブルーベリーを取り入れるようになりました。私はできるだけ普段の食事から摂取したいと思うほうなので、朝食に食べたり、プレーンヨーグルトにブルーベリージャムをトッピングしたり、自分なりに工夫をして取り入れるようにしています。そのおかげなのか、最近では長時間パソコンやスマートフォンの画面を見ても目が疲れにくくなって、うれしく思っています。また、メガネやコンタクトレンズをしなくても、新聞の文字が見やすくなったように感じています。友人に相談してみて良かったとあらためて感謝しているところです。

汗を大量に書くので代謝が上がり、痩せやすい体を作ります。 ダイエット効果は、暖かい環境でよりたくさんの筋肉を使うホットヨガの方が高いと言われています。 温かい室内で行うことで柔軟運動が無理なく行えます。 ヨガの腹式呼吸は体の緊張をほぐします。 汗を大量にかくため、普通のヨガとは違いデトックス効果が抜群! 普段の運動不足の解消にもホットヨガがおすすめ! ホットヨガの体験ならこちら